ショーシャンクの空に

「だからスティーブン・キング大好き!」
THE SHAWAHANK REDEMPTION 1994年

 監督/脚本 : フランク・ダラボン
 原作 : スティーブン・キング
 出演 : ティム・ロビンス
       モーガン・フリーマン
       ウイリアム・サドラー

(143分)


無実の罪でショーシャンク刑務所にアンディ(ティム・ロビンス)は
不倫したカミさんとその相手を射殺したとして投獄された、銀行の若き副頭取。
実は冤罪なのだけれど、状況は絶対不利。

刑務所には例によって狡猾な所長と、こずるい看守なんかがいる。
とても食えない奴らだが、彼はその強欲さを巧みに利用しながら脱獄の機会をうかがう。
そして、物静かな彼は、やがて自らの根源的な力と職能を武器に、刑務所の仲間達に尊厳を取り戻していく。

アンディの親友レッドにモーガン・フリーマンが扮する。
モーガン・フリーマンの存在感は穏やかながら圧倒的だ。


スティーブン・キングの小説「刑務所のリタ・ヘイワース」の映画化。
そりゃ、スティーブン・キングなんだから、簡単に終わらせてはくれないさ・・・
だけど、
映画を見終わった後の爽快感がなんともいえない。

スティーブ・マックイーンの「大脱走」(1963年)以来の爽快感だ!
この映画のマックイーンのバイクでの疾走シーンは一度見たら忘れられないが、
ジェームス・コバーンやチャールズ・ブロンソンらの集団脱走は胸がすく!
第二次大戦中のドイツでの史実に基づいて、脱走に参加したブリック・ヒルの原作の映画化だった。

それにしてもさすが、スティーブン・キングだ。
してやったり・・・!

ほとんどが映画化されているといっていいスティーブン・キングの中でも映画として観れば
この「ショーシャンクの空に」が一番好きだ。
なぜなら、比較的小説に忠実に製作されているスティーブン・キング映画でも
(原作者自ら映画の現場に携わっているから)
原作本を超えるとなると、なかなかないのだ!
それだけ、スティーブン・キングは本の方が面白い!

例えば、「グリーン・マイル」(1999年)
映画化が決定される以前に読んでいたのだが、読みながら私の頭の中にはキャスティングが浮かんでいた。
主役の看守主任にはサム・シェパード。
(映画ではトム・ハンクスだった)
イメージとかけ離れたので映画を観ていない・・・

映画として薦めるなら「クリスティーン」(1983年)もよかった。
人格を持った車、クリスティーン。女車だ!怖かったぞー!
このように、スティーブン・キング小説を超える映画はなかなか見当たらないものなのだ。


モーガン・フリーマンは私の好きな俳優のひとりだ。
彼の落ち着いた雰囲気が好きだ。
慌てず、騒がず、常に沈着冷静。

いいねえ・・・

彼が出てると映画に風格が出るし、重厚さが増して引き締まる!

声もいいねえ・・・


(2003年5月記)